雛人形

雛人形

3月3日は「ひな祭り」。
雛人形の飾り方や老舗の久月や吉徳の節句人形をご紹介します。
人気のコンパクトタイプ、可愛いお顔の人形など様々な人形があります。

おおきに通販 > 雛人形

雛人形を飾る意味

毎年3月3日は「ひな祭り」(桃の節句)。女の子のイベントです。
ひな祭りの起源は、約1000年前の平安時代までさかのぼると言われています。

雛人形を飾る意味は、「生まれた子供の幸福を願う」という意味で飾ります。

他にも、

・この子がずっと健康でいられますように。
・優しい穏やかな女性になりますように。
・幸せな結婚が出来ますように。

など雛人形には親の子に対する愛情や願いがこめられています。
また雛人形が形代(身代わり)になって、その子を守ってくれるという意味も含まれているそうです。

雛人形の飾り方

雛人形を飾り始める時期としては、立春(2月4日)頃から2月中旬にかけてが一般的と言われています。遅くとも節句(3月3日)の一週間前までには飾るほうがいいでしょう。

雛人形をしまう時期は節句(3月3日)がすんだら早めに、遅くとも3月中旬までにしまうのが良いそうです。

雛人形をしまう日に注意したいことは、天気の良い」「乾燥した日を選んでしまうこと。
ジメジメした雨の日などには、しまわないようにしましょう。

また雛人形をしまうのが遅れると、「お嫁にいくのが遅れる」と言われていますが、これはあくまでも迷信で根拠はないそうです。

雛人形を飾る方角や向きはあるの??と疑問に思われるかたも多いと思います。老舗の節句人形専門店のサイトから調べてみたところ、飾る方角や向きは、「この角度でなければいけない」という決まりはないようです。ヤフー知恵袋などの共有サイトでは「北向きに飾るのは良くない」と回答されているのを見かけますが、実際はお雛様の場合は方角を気にする必要はないというのが正しいみたいです。

飾る場所を選ぶ際のポイントとしては、おひな様のお顔がよく見える場所に飾るということ。
家族が集まって仲良くおひな様を愛でれる場所、例えばリビングなどがおすすめだそうです。

飾る際に注意したいことは、直射日光が当たる場所には置かないか、もし置くならばカーテンなどの日除けをして、雛人形が色あせしないようにしましょう。

雛人形 久月

「人形の~久月~。」のCMで全国的に有名な老舗人形問屋が久月です。
久月の歴史は古く創業は天保6年創業、現代まで170年余り続いています。
まさに日本を代表する人形問屋といっても過言ではありません。
人形の久月の本店は東京台東区の浅草橋にあります。

久月の雛人形は言わずもがな大人気ですが、なぜ久月の人形が選ばれるのか?

その答えは、

・「生命力にあふれた久月独自のお顔
・「品質の高さ

数々の名匠や職人が作る、生命力に溢れたお顔は多くの人を魅了し続けています。

久月のおひな様で毎年販売開始前から問い合わせが殺到し、
即完売するほどの大人気の雛人形があります。

それが「リカちゃん雛人形」です。

リカちゃん雛人形は久月でしか買えないレアなひな人形なので毎年、争奪戦になります。
リカちゃんひな人形は毎年年度ごとに生産数が決まっていて、限定品の証として一つ一つにシリアルナンバーが入ります。

可愛いリカちゃんのおひな様なら、日本人形が苦手なお子様でもきっと気に入ってくれるはず。
あまりにも可愛すぎて、しまうのがもったいなく感じるかもしれませんね(笑)

 >>久月のリカちゃん雛人形の詳細を見る

 

雛人形 吉徳

編集中。

雛人形 人気

編集中

雛人形 トップへ戻る

Copyright 2016 © おおきに通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
seo great banner